スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安楽椅子に座りたいなら定年後に

一度消えてしまって書く気が失せてしまいましたが、訪問者が少ないブログだからこそ書けることもあると思いなおし、やはり書くことにしました。新党「たちあがれ日本*」についてです。こんなスローガン的な、そして扇動的ともとれる政党名を(恥ずかしげもなく)つけていますが、そこに結集した方々は精神的にも身体的にもできれば安楽椅子にでもどっかりと座っていたいタイプとお見受けいたします。ずっと与党として、言ってみるならば革製の高級な椅子に座り続けてきたので、野党としての自民党の席はパイプ椅子のように感じられたのでしょう。一度お山の大将になると、そんな待遇には耐えられず、どんなに小さいな山であってもやはり大将になりたいとお思いになったのでしょう。


湯水のように税金を使う与党民主党が、日に日にその支持率を落としている中、野党自民党はここできらりと光るリーダーを伝家の宝刀のごとく出してきて、民主党をばっさり切る…ということができないどころか、自民党なんて政党あったっけ?言われかねない体たらくです。日本という国は、顕著な人間を叩くという悪しき伝統があります。出る杭(もしくは釘)は打たれる、です。その結果、真の指導者がいないというのが現状です。直接民主制が成立するならともかく(直接民主制でもリーダー的存在は必要です)、これを強いリーダーの欠如を民主的だと喜ぶことはできないように思います。


実はその民主党をぶっ潰すと鼻息が荒かったのが、宇宙人首相の弟君の鳩山邦夫氏で、彼は与謝野、舛添両氏に熱烈なラブコールを送り、自分は捨て石でもいいと発言(目立ちたがり屋のくせに)していましたが、裏方どころか、本当に雲隠れしてしまったようです。あらあら、一体どこに行ってしまったのでしょう。多額のお小遣いをくださるお母様に、少しは兄をたてるようにたしなめられたのでしょうか。


ちなみに、「たちあがれ日本」党を命名したのはあの石原都知事です。いかにも**の命名だなと感じます。「自分の足」で立ち上がっていないのはむしろあなた自身の方でしょう。右翼的な発言を繰り返し、男尊女卑甚だしいこの方こそが狼少年なのです。次の都知事選にしても、都民の顔色を伺いながら、自分の旗色が悪くなければ出馬と考えているはずです。例えば戦場で「お国のために突撃~!!!」と檄を飛ばした瞬間に、敵と反対方向に逃げていく、石原都知事はそういう人間なのです。お国のためでもない、都民のためでもない、すべては自分のためなのです。弟や石原軍団を利用して、自分がお山の大将になりたい、それだけです。


家人が申しておりました、公務員にも定年があるんだから、国家議員に定年がないのはおかしいんじゃないか。引き際のよさこそが、立派な政治家の証と私は思っておりますが、家人の言う通り、知事や国会議員にも定年制を導入した方がよさそうです。


*、** 同じ名前で、「たちあがれ」を「立ち上がれ」と表記する団体があります。この団体がなぜこの政党名に文句を言わないか、そしてこの名称をなぜ「いかにも」と申し上げているか、検索していただければおわかりにいただけるかと思います。

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばぶを

Author:ばぶを
No NUKES!!!
未来の世代のために、
美しい地球を残したい。
世界に平和を!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
オセロゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。