薮の中

いわゆる「ロス疑惑」における殺人の嫌疑で、アメリカで逮捕された三浦容疑者が亡くなった。ロサンジェルスに身柄が移されたのが昨日のこと。今日ロス市警で首をつっているところを発見されたとのことであった。

「ロス疑惑」の真相はどうだったのか、彼は妻を殺したのか、殺していないのか、それはもう知り得ないことだ。また彼が自殺を図った理由についても様々な推測がなされるだろうが、それも憶測の域を出ないであろう。なるほど、真実は知りたいと思う。しかし、真実を知ることが不可能であるならば、それまでである。日本で、彼は殺人で無罪を勝ち取っているのだから、例え彼が限りなく黒に近くても、彼は黒ではない。つまり、日本においては殺人犯ではない。

真相は薮の中なのだ。が、おそらく、この薮をマスコミはつつき回るのだろう。できれば、彼が自殺を図るような状況を作ったアメリカの捜査の在り方や、身柄拘束の仕方に対して疑問を呈するようなものであって欲しい。日本の一事不再理の原則がアメリカにおいては(共謀罪になっているとはいえ)適用されないのか、といったあたりの議論が活発に行なわれるような報道を望んでいる。日本で無罪となった人である以上、日本は彼を守る立場でなければいけないのだから。

夕方にこのニュースを聞いた時、なぜか一つの時代が終わったような気持ちがした。この事件にとても注目していたというわけではないのだけれど、なぜだろうか。

真相は薮の中。

テーマ : ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

この件は、ちょっと問題ありですね。

ワタシは彼はクロだと思っています。
しかし、日本で無罪判決が出た人間を拘束して、ロスに連れて行ったことは、ちょっとおかしいのではないでしょうか。

日本政府は腰が引けているし。
マスコミもどっち付かずでした。

北朝鮮のテロ指定は外すのに、日本の一事不再理の原則は守らない。
何かちょっとですね。

hirotopapaさん、こんにちは。
今回の一連の出来事に対して、ワイドショー的ではない観点から報道されることを願っています。なるほど三浦さんが殺人を犯したと感じている人は多いことでしょうが、日本の司法は彼を無罪としたわけですから、それに不服があったとしても彼は「殺人犯ではない」のです。ですから、その問題を「真実はどうだったのか」とスキャンダラスに取り上げるのではなく、日本政府及びアメリカ当局の(お粗末な)対応などを報じて欲しいものです。

北朝鮮のテロ指定解除に関しては、政治的な駆け引きが複雑に絡み合っているようで、その意図や真意をはかりかねるところですが、この問題にせよ、上記の問題にせよ、個人と国家との関係の難しさを痛感しました。
プロフィール

ばぶを

Author:ばぶを
No NUKES!!!
未来の世代のために、
美しい地球を残したい。
世界に平和を!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
オセロゲーム