スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺虫剤混入事件にみる報道

イライラさせられているのは、この事件そのものというよりもむしろ、この事件の報道の仕方だ。生憎テレビなるものを所有していないので、ラジオ、新聞、ネットから情報を得ているのだけれど、テレビはこれらのメディアよりもさらにひどいものだろうということは想像に難くない。

事件の詳細については、イヤというほど各メディアから報道されていることと思うので割愛する。その事件が発覚した夜、NHKラジオの10時のニュースは最初の15分以上をこの事件に割いた。他にはニュースがないのだろうかと疑問に思うほど、延々とこの事件が報道された。なるほど、私たちにとって「食」は生死に直結するものであるから、「つなぎ法案」より大事であろう。しかし、この事件のそのような重大性を国民に正確に伝えない報道は、ゴシップ誌やワイドショーと何ら変わりはない。ただいたずらに「毒物だ~、毒物だ~、中国製の餃子から毒物が出た~」と騒いでいるだけで、そこには何も「情報」はない。今回のようなケースにおいて、重要なのは「どの食品に当該殺虫剤(もしくは有毒物質)が含まれている(もしくは含まれている可能性がある)か」ではないのだろうか。15分以上も続いた報道で、危険性があると思われる食品名が読み上げられたのは一番最後、しかも一度きりであった。この報道時間中に晩御飯あるいは夜食として、その食品を食べてしまった人もいるのではないだろうか。さらに、NHKのその晩の報道はそれほどの長い時間をかけて、有識者の話よりも前に「街の声」を流したのだ。

─怖いですよね~。

こんなコメントを流すNHKの方がよほど「怖い」。友人が言っていたのだが、最近「街の声」とやらをニュース中に流すことが多くなり過ぎている。予想可能な街の声よりももっと知りたいことがある。もっと聞きたいことがある。例えば、この有毒物質を摂取してしまった場合、どのような症状が出てきて、どのように対処すべきか、今回の有毒物質はどこに混入していた可能性があるのか(肉なのか野菜なのか、あるいは包装なのか)、そして、当該商品を購入していた場合どこに連絡をすればよいのか、等々。

このニュース番組のディレクターが誰だかわからないが、あなたが有毒物質の混入した商品を購入した、もしくは食べてしまった当事者であると仮定して、どういう情報が知りたいかを考えれば、報道の順序、内容は見えてくるはずだ。このようなことすら出来ないのであるならば、ジャーナリズムから完全に足を洗うべきであろう。ジャーナリストを語る資格はないのだから。

最後に、いつも言っていることだが「煽り報道」は最低である。



*別のブログで書いた記事をそのまま載せました。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばぶを

Author:ばぶを
No NUKES!!!
未来の世代のために、
美しい地球を残したい。
世界に平和を!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
オセロゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。