琺瑯の本

31956886.jpg


先日ぶらりと本屋に寄ったところ、野田琺瑯の本を発見!!

ホワイトシリーズに合わせて白い本なのです。とてもおしゃれです。

この本ではレシピはもちろん、ホワイトシリーズの使い方をいろいろ教えてくれます。御飯だけは電子レンジを使わないと温められないなぁと思って、未だいくつかプラスチック容器を捨てられずにいたのですが、これを読んで「蒸す」という方法があるんだと知りました!目から鱗ですね~。なるほどー♪ただ、熱々御飯というわけにはいかないようです。

読んでいるとホワイトシリーズをどんどん買いたくなりますよ。私も琺瑯蓋を買いたいな~って思ってしまいました^^。


テーマ : おすすめ商品
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

ばぶをさん、こんばんは♪

そうかー。琺瑯は蒸すのにも使えますね。小さな容器を一度にたくさんお鍋に並べたら、数種類の温野菜サラダの素が同時に出来るじゃないか、とか、手抜きの夢が広がります。お皿じゃなくて、琺瑯容器で蒸す方が確かに便利かも。ふむふむ。

まつ子さん、おはようございまーす!

そうなんです、蒸すっていう方法があったのです!蒸し器を出して、湯をわかして…云々という面倒な作業はおいておくとして(笑)。私も魚を蒸す時にお皿を使っていましたが、今度は琺瑯で蒸してみようと思っています。豚ちゃんとホワイトシリーズ増殖中(って一体どこにしまうんだーっ!?)。

野田琺瑯の容器は私もいくつか持ってますが、ひとつだけ欠点が・・・。冷蔵庫に入れてしまうと、中身が見えないので、うっかり忘れてしまうことがあるのです。今日も、あれー、これ何だったっけ?って見たら、一週間以上前に開封したままかり酢漬けがぽろっと2匹だけ残ってて・・・(汗)。性格的にズボラな人間にとっては要注意です。耐熱のガラス容器も愛用してます。こっちは火にかけらなれないけど、レンジでチンできるし、蒸し器にも入れられて、それぞれにいいところありますね。

patakoさん、またいいアイディアを!!
耐熱ガラス容器ならば、レンジで使えますね。これで御飯の保存の問題は解決です。ありがとうございます^^v。
私は相当忘れっぽいので、「ん~、こ、これは…」なんていうことが頻繁に起こります(苦笑)。ただ、これをプラスチック容器でやってしまうと場合によっては容器も廃棄せざるを得なくなりますが、琺瑯はそれがないのでありがたいです。
そうそう、先日街でピンク落とし蓋と黄色の落とし蓋を発見しましたよ!一体何色あるんでしょうか(^・oo・^)
プロフィール

ばぶを

Author:ばぶを
No NUKES!!!
未来の世代のために、
美しい地球を残したい。
世界に平和を!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
オセロゲーム