『あたらしい憲法のはなし』

2007年7月18日付の朝日新聞朝刊に『あたらしい憲法のはなし』を出版した童話屋の編集長田中和雄さんの記事が掲載されていましたので、別のブログに以前書いた記事を載せて、この本の紹介をいたします。この本は、私がここ数年読んだものの中で一番いい本だったと思うものです。


「憲法論議よりも知るが先」
 「みなさん、あたらしい憲法ができました」。こんな書き出しで始まる中学1年生向けの社会科の教科書を、憲法が施行された1947年に文部省(当時)が発行した。この教科書を復刊した「あたらしい憲法のはなし」と「日本国憲法:が01年の発行からこれまでにそれぞれ訳25万部を売り上げるヒット作になっている。出版した児童書出版社「童話屋」の編集長田中和雄さん(72)は「護憲、改憲と言う前に、まずは憲法を知ってほしい」という。
                   ─2007年7月18日付朝日新聞

『復刊 {{あたらしい憲法のはなし}}』は52年には教育現場から姿を消している。実業教科書社の翻刻を定本とする本書だが、「みなさん、あたらしい憲法は、日本国民がつくった日本国民の憲法です」と語り言葉で記す文の格調は感動的だ。
                   ー2006年1月22日付朝日新聞


-------------------------------------------------

昭和22年(まさに現在の日本国憲法が施行された年)に文部省より中学生の教科書として発刊され、昭和26年には(時の政府の圧力があったのだろう)廃刊になってしまった本である。

あっと言う間に読めてしまうが、非常に心に残る本である。あたらしい憲法がいかに素晴らしいものであるかを力強く訴えている。第二次世界大戦で深い傷を負った国民に、精神的な豊かさを保証する憲法。どれほど国民があたらしい憲法を歓迎したか、手に取るようにわかるのである。それから半世紀以上の時を経て、物質的に満たされてしまった日本国民は、精神的喜びを味わうことを忘れ、或いは知らず、進むべき道を誤ろうとしているように思える。

この本を出来るだけ多くの人に読んで貰いたいと願うばかりだ。老若男女を問わずに。そして、共に憲法について、その黎明期に国民全体に希望にあふれた前途を約束してくれた憲法について考えてみる必要があるのではないか。

出版元の童話屋のまえがき(あとがきにもなっている)にも心打たれたので、ここで一部を紹介しておきたい。

   *            *            *

 五十年前、地球は青かった。だが子どもたち、いまぼくたちが住んでいる地球は、ガガーリンが見た青よりも、心なし、くすんで見えないか。
    (中略)
 ぼくたちにできることは、三つある。一つは、浪費の抑制。地球は宇宙に浮かぶ小さな星だ。太陽光のほかにはよそから何も供給されない。二つめは大自然と共生すること。人間が生きるためには他のいのち、植物や動物たちと手をとり合って暮らすことが大切だ。地球上のいのちは、巨大な生態系を形成して、億という年月をかけて悠久の循環をくり返し、一瞬もその営みを止めることはない。
    (中略)
 未来の子どもたちにこの青い地球を遺していこうーーーそうぼくたちが決心し、勇気ある行動をとれば、地球は悠久のいのちの星として、青く輝きつづけるだろう。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。『あたらしい憲法のはなし』は小学校か中学校の教科書か参考書あたりに、たしかタイトルあるいは表紙だけが載っていたような気がします。幼少時に見たひたすら明るい憲法のイメージは、今、変わってしまったと言えるのかどうか、しかしいずれにしても憲法の第9条を変えるべしとする意見の、いかなる説明を聞いても私には全く理解できません。
タイトルばかり知って恥ずかしながら中身は知らないこの本を、是非読んでみたいと思います。

まつ子さん、おはようございます。
私がこの本を知ったのは2年程前です。それまで全く知りませんでした。教科書はイタズラ書きの道具だったので…(笑)。憲法は当然に存在するものという認識で、きちんと考えたことがありませんでしたので、昨今の憲法改正の動きは、憲法とは何かを考えるきっかけを与えてくれたとポジティブに受け取っています。ただ、9条改正に関しては、それを訴える人の想像力のなさを歎きたくなりますね。

この本、薄いので持ち歩きにも便利なんです^^。書店で見かけることは少ないのですが、見つけたら是非お読みください~!

ばぶをさんに言われて、改正の動きが持つ、改正論者たちの意味するところとは異なる積極的意義に、初めて思い至りました。想像力のなさが組織を疲弊させる局面には日頃から遭遇していますが、と言います私も想像力に欠ける方で、困ったものです。話は変わりますが、お弁当おいしそうですね。拝見するだけでも元気が出てきそうです。

実は、私自身想像力に欠けています。妄想力なら結構あるのですけれど…。でも所詮妄想は妄想なんですね。確固たる土台がありません。悲しいかな、妄想族。そこで、憲法やら政治やらの本を繙いてみるのですけれど、これがまた難しくて半分も理解できないことがほとんどなのです。またこれを機に、挫折した本を読んでみようと思います♪

お弁当が傷みやすい季節到来です。結局味付けを濃くせざるを得ず、喉が渇いて、お茶をがぶがぶ、です。こういう時は梅干しの入ったおにぎりが一番ですね!

妄想族ですか!こちらは「妄想竹」といったところでしょうか。しかしもの言う資格なし、といかにもしおらしいふりをして黙っていると、後で後悔することもあって。勉強するしかないのでしょう、私の場合、確固たる土台を築くにはほど遠くとも、「まだまし」な妄想のために。
ばぶをさんは梅干しもお手製なのですね。素敵です!

まつ子さん、こんにちは!のんびり骨休めをしていらっしゃるでしょうか。
妄想竹!高度です。最初「もうそうちく」と読んでいました。「だけ」だったんですね。妄想族は妄想竹(笑)!
がんばらなくちゃと昨晩憲法の本を読み始めましたが、10ページあたりで意識を失っていました^^;。家を片付けたら、気を取り直して読みます。

今年の梅雨はほとんど晴れ間がなくて、小梅ちゃんが干されないまま漬かりっぱなしです。梅干って買うと高くて、しかも添加物だらけだからというのが作り始めたきっかけです。結構簡単にできちゃいますよ~。

普通は「もうそうちく」だと思います。ヘンなことを書いてスミマセンでした。梅干しは「普通」のが一番高いですよね。
おかげさまでゆっくり骨休めしています。昨日はほんとのらくらしていました。持ち帰り仕事も家事もそっちのけです。あとでしっぺ返しがくるような…。

ヘンなことだなんて、そんなことナイです。気付いたとき、山田くん、座布団持ってきて~って思いました^^。

私は掃除まではよかったのですが、そのあと相撲にうつつを抜かしておりました。朝青龍が優勝したのに満足して、夕飯を食べて、呑気にお風呂に入って、今に至ってマス。

持ち帰りのお仕事とは大変ですね。美味しいお茶でも飲みながらがんばってくださいね~♪
プロフィール

ばぶを

Author:ばぶを
No NUKES!!!
未来の世代のために、
美しい地球を残したい。
世界に平和を!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
オセロゲーム