新司法試験「事前演習」@慶應大学法科大学院

本日付の朝日新聞夕刊に、新司法試験の論文試験の問題を慶応大学ロースクールの教授が「事前演習」と称して漏洩した疑いがあるという記事が掲載されました。この教授は司法試験の考査委員をしているのだそうです。

自分の勤める大学の司法試験合格者数をあげようということなのでしょうが、それは本人が個人プレーとしてやったことなのでしょうか、それとも大学側から合格者数を上げよとの圧力がかかっていたのでしょうか。いずれにせよあってはならないことです。

大学入試でも、医歯薬系学部の入試問題の漏洩がよく問題になります。2年程前にそれで逮捕された予備校経営者がいました。医院を経営している親たちは、金を積んででも子どもを医者にしたいようです。そこに予備校及び大学側はつけこむわけです。そんな金を積んでようやく医者になった人間をどうやって信じろと言うのでしょうか。

司法試験でも同じです。意味なく合格者を増やし、それでなくとも法曹界の質が低下しつつあると危惧されている中、人々の法曹界に対するネガティヴな見方を払拭するどころか助長するような事件です。そういえば、先日は東大大学院法学研究科の教授が痴漢で逮捕されましたね…。法の番人を養成するはずの大学や教員がこれでは、いい人材が育つわけもありません。

さらに慶應は大学入試自体少々不明瞭なところがあります。入試得点公開請求に応じていないのです。もう随分昔から慶應は身内重視と言われ、とりわけ幼稚舎の入試では身内に慶應出身者がいるかどうかが鍵を握ると言われてきました。そして大学入試では得点が大手予備校の入試速報ではわからない「小論文」を入試科目に課して、さらに公開に応じないとなると裏で何かやっているのではと疑われても仕方がないのではないでしょうか。福沢諭吉も慶應がこのような道を歩むとは思っていなかったと思います。とにかくお粗末です。慶應義塾はこれを機にヘンな塾生といったプライドを捨てて、改革をした方がいいかもしれませんね。

そして、司法試験も大学同士が争うような形になってしまう今の新司法試験を考え直して、個々人の実力を試す旧司法試験でもいいのではないかと思います。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばぶを

Author:ばぶを
No NUKES!!!
未来の世代のために、
美しい地球を残したい。
世界に平和を!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
オセロゲーム