風の散歩道

200704051.jpg


  あたらしき心もとめて
  名も知らぬ
  街など今日もさまよひて来ぬ


  こころよく
  春のねむりをむさぼれる
  目にやはらかき庭の草かな



コメントの投稿

非公開コメント

和歌好きです。独学ですか?自分もどこか好きな結社でもあればそのうち学びたいのですが。

GiGiさん、おはようございます。

短歌も俳句もどちらも好きです。ただ、自分で作るまでには至りません…。残念ながら。これは万葉集の歌なのです。
もし短歌を作ることができれば、ものの見方が変わって、世界が変わるかもしれない、とさえ思います。
短歌や俳句は絵の世界とどこか共通するのではないでしょうか。

おはようございます。

たしかに純朴な万葉調と思いましたがとてもモダンな感じなので調べてみたら、石川啄木の「一握の砂」の歌のようです。
啄木はあまり好きでなかったのですがこのあたりは好きなのであらためて見てみようと思います。

<短歌や俳句は絵の世界とどこか共通するのではないでしょうか。
 
たしかに美術をしているので相互の滋養になるように勉強したいと思います。

失礼しました

GiGiさん、おはようございます。

あー、すみません、こちらは啄木でした。別の場所に万葉集を載せたのでした。お詫びに万葉集の花の歌を。

春雨は いたくな降りそ 桜花
    いまだ見なくに 散らまく惜しも

桜花 時は過ぎねど 見る人の
    恋ふる盛りと 今は散るらむ

短歌や俳句はそこに詠み込まれている風景がパノラマになって浮かび上がってきますが、啄木の場合はあまりに現実的な歌が多く、いわば「絵にならない」ように思います。
しかし、普通であれば心の底にしまって、隠しておくようなことを素直に書いているので、何度も読み返すうちに啄木と自分の間の接点が見つかり、それが線に、そして面になっていくのを感じます。

長くなってしまいました。ドジな管理人ですが、またお越しください。
プロフィール

ばぶを

Author:ばぶを
No NUKES!!!
未来の世代のために、
美しい地球を残したい。
世界に平和を!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
オセロゲーム