琺瑯の使い方

野田琺瑯 ホワイト保存容器 スクウェアM WS-M 野田琺瑯 ホワイト保存容器 スクウェアM WS-M
()
野田琺瑯

この商品の詳細を見る


いつも琺瑯のことばかりですが、どのように使えて、どのように使えないかについてのご質問をいただきましたので、そういえば、「琺瑯はいいわ~」ばかりで説明をしていなかったことに気付き、今回はそのいいところと、悪いところを説明しようと思います。


このホワイトシリーズはルクルーゼでおなじみの琺瑯(金属の素地にガラスのコーティング)でできています。だからこその長所もあれば、短所もあるわけです。

まず短所は、
 プラスチックの保存容器よりも重い
 値段が高い
 落とせばガラスの表面が割れることもある
 電子レンジが使えない

といったところでしょうか。割れるというのは、硬質のプラスチックも落とせば割れることがありますし、また経年による劣化があるわけですから、実はさほど問題はないように思います。価格に関してですが、琺瑯の蓋にすると結構なお値段になります(私は琺瑯の蓋は持っていません)。しかし、プラスチック製保存容器が使い捨てに近いと考えると、むしろ得ではないかと思います。


では、長所をあげてみます。
 匂いや色がつかず清潔
 酸に強い
 直火にかけられる
 オーヴンで焼くこともできる
 四角いので、収納空間に無駄が出にくい
 水性ペンで何を入れておいたか書いておくことができる
 劣化しない
 環境ホルモン、ダイオキシン等の発生がない

プラスチック容器に切った果物を入れたり、カレーやトマトソースを入れると、その色や匂いがついてしまいますが、琺瑯はつるりときれいに落ちます、匂いも全く残りません。油もすっきり落ちるのです。そして、私が何よりも気に入っているのが、直火にかけられること。今まで夜のお味噌汁が余ると、そのまま放置しておいて、ダメにしてしまうこともあったのですが、すぐにこれにうつして冷蔵庫に入れれば収納もコンパクトにできますし、次の日に直接火にかけられますので便利です(蓋がプラスチックの場合は蓋をとって火にかけます。ちなみに蓋だけ買うこともできます♪)。もちろん、冷凍もOKです。どうも、この琺瑯でパンやパウンドケーキ、さらにはグラタンまで焼く方もかなりいらっしゃるようです。この白はとても美しいので、そのまま食卓にも出せますから、グラタン作りはとてもいいと思います。また、酸にも強いので、ここでピクルスや酢の物も安心して作ることができます。またプラスチック容器よりも少し長い間、しかも美味しさを保ったままで保存ができるとおっしゃる方もいます。

私自身、少々油っぽいシチューなどをプラスチック容器に入れておいて、レンジで温めたら容器が高温の油で少々変形し、折角作ったとはいえ、そのような食べ物を口に入れることはできないと捨ててしまった経験が何度かあります。以前も書きましたが、全て化学物質を排除する生活は今の時代にあってはほとんど不可能でしょう。しかし、少々気をつけることによって、身体に悪影響をあたえかねない化学物質の吸収や摂取を相当おさえることができるのではないかと思っています。それが、この琺瑯との出会いです。

琺瑯生活は、石けん生活とともに、私の人生のパートナーなのです。



テーマ : キッチングッズ
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばぶを

Author:ばぶを
No NUKES!!!
未来の世代のために、
美しい地球を残したい。
世界に平和を!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
オセロゲーム