スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白菜の浅漬け

200701284.jpg


キャベツはよく作るのですが、初めて白菜の簡単浅漬けを作ってみました。しかも、琺瑯で(笑)。白菜の固い部分はそぎぎりにして、昆布は細く切り、人参も細くきり、塩は重量の2-3%程度。最初はボウルで全体に塩がいきわたるようにかき混ぜて、そのあと琺瑯にうつして、少しだけ呼び水を入れておきました。そして、お皿を重し代わりにのせて、待つこと1日。おぉ、浅漬けだ!

作り置きは和食の場合、どうしても甘辛いものが多くなりがちなので、こういうものがあるとさっぱりしていてとても美味しく感じられます。

あとでネットで検索をしてみると(作る前に見ておけばよかった…)、にんにくを入れるとよかったようです。今度はにんにくを入れて、白菜漬けを作ってみたいと思います♪

スポンサーサイト

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

作り置き

200701288.jpg


鶏そぼろと卵そぼろ、蟹入り焼売、チリコンカルネ(レンズ豆)、なます。


鶏そぼろは久しぶりに作りました。鶏ひき肉、みりん、醤油、酒、生姜、だし醤油、砂糖を一つのお鍋の中に入れて、数本の菜箸で水分がなくなるまで根気よくかき混ぜます。やはり、何といっても生姜(みじん切り)がきいていて美味しいです。

卵そぼろは溶き卵(2-3個)にみりん、だし醤油、胡麻油をひとたらしをよく混ぜて鍋に要れてから火にかけます。かたまり出すと早いので、時々火から下ろして数本の菜箸でぽろぽろと細かくなるように混ぜます。

本日の朝ご飯はそぼろ御飯とわかめのスープでした。満足♪


テーマ : 今日の食事
ジャンル : グルメ

鶏肉の生クリームソース

200701262.jpg


骨付き鶏もも肉
小麦粉
生クリーム 

胡椒
ガーリックパウダー
しょうゆ

1 もも肉は関節のところで、2つに切り離し、塩、胡椒、ガーリックパウダーをしてしばらくおく。
2 小麦粉を軽くはたき、バターでこんがりときつね色になるまで焼き、さらにオーヴンなどで火を通す。
3 2のフライパンにたまった脂を軽くふきとり、バターを入れて、生クリームを入れ、塩、胡椒、醤油をひとたらしして、ソースを作り、2にかけてできあがり。


カロリーが気になる場合は、牛乳と割っても大丈夫です。
ポイントは醤油です。ソースが出来上がる直前にひとたらし、です。豚肉でも美味しいですよ。是非お試し下さい。

テーマ : ばんごはん
ジャンル : グルメ

もうダメでしょう…ね

不二屋のことです。

森永だって大丈夫だったじゃない…と言いたいところですが、森永は今は乳製品中心にかつてからは考えられない程縮小しています。

不二屋はこれでもかという程叩かれて、しかもネズミやガまで出て来てしまっては、もう自力再生は不可能なのではないでしょうか。ペコちゃんとポコちゃんの笑顔はもう見られないかもしれません。

しかし、何故こうも徹底的に叩くのか、やはり裏があるのではないだろうかと気になるところです。

最近、安倍首相の周辺の醜聞が次々に出て来るのは、何となく自民党内部がネタをリークしているのではないかと思うのです。次の選挙にこのままでは勝てないと思った自民党幹部が、このドイツの独裁者に容貌が似ているお坊ちゃまくんをひきずり下ろさねばとやっきになっているような気がするのです。そして、穿った見方だとは思いますが、その醜聞を隠そうとする政権側は、国民の関心をそらそうと必死に不二屋のデータ(官僚から出てる?)とか、アパホテルの偽装問題を小出しにする。そうそう、鳥インフルエンザだって、かなり危険なものである可能性があるわりに(もしも人に感染するようならば致死率は相当高いはず)、あまり大々的に報道しない。

センセーショナルなニュースは何かを隠したい、何かから関心をそらしたい時に出て来る。
しかも、ニュースという名の下で報道されるものの9割は、探し出されたものではなく、与えられたものである…。

メディアリテラシーはいずこへ…。

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

今週の作り置き

200701151.jpg


本日待ちに待った味噌作りの琺瑯が届いたので、明日に備えて早めに作り置きをしました。

三色きんぴら、蕪入り野菜スープ、白菜の浅漬け、かぼちゃの煮付け、豚の三枚肉の塩漬け。そして、今日の夕飯は親子丼、まぐろ、蕪の味噌汁、その他↑です。



野田琺瑯 ホワイト保存容器 ラウンドストッカー 18cm WRS-18 野田琺瑯 ホワイト保存容器 ラウンドストッカー 18cm WRS-18
()
野田琺瑯

この商品の詳細を見る


今日届いたのは↑これです。他にも味噌が出来た時のことを考えて(ん?…)、大きめの琺瑯容器も一緒に購入しました。随分とプラスチック製の容器を使わずに済むようになりました。ですが、御飯だけは電子レンジで温める都合があるので、円形の容器だけは捨てられません。

さて、今晩大豆を水にひたして、明日今年1回目の味噌作りです。大体できあがりは4kgになる予定です!

テーマ : 今日の食事
ジャンル : グルメ

七ではなくて八

200701265.jpg


先日の作り置きの豆は、よく数えたら八目豆でした。

大豆、昆布、にんじん、筍、蓮根、ごぼう、こんにゃく、高野豆腐で八種類でした。


これは一度にいろいろな食材をとれるので重宝します。しかも、ダシの昆布も細かく切って入れますから、あとはダシ醤油を使うだけで、ダシをとらずに済むのでとても簡単です。もっと種類を多くしたいと思い、他にいい素材はないかなと考えています。

いんげん、グリーンピース、ひじき、しいたけ。

これで十二目になります。こんな豆の煮物があったら、一日三十品目はすぐにクリアできそうです^^。


余った蓮根はいつも通りに、きんぴらを作りました。

200701274.jpg



そして、久しぶりに鰯の生姜煮です。骨まできれいに食べられます。

200701263.jpg



これに味噌汁と御飯、そして春菊の胡麻和えで、ほのぼのとした和食の夕餉となりました。


テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

てぬぐい

200601262.jpg


手ぬぐいが好きです。外出時には必ず手ぬぐいを数枚持って行きます。とりわけ、「かまわぬ」というお店のてぬぐいが好きで、時折立ち寄って、季節に合う柄や色を買ってきます。

台所用ふきんとしても、手ぬぐいを使っています。これまでは頂き物の豆絞りばかりでしたが、今年からは違う柄のものも使い始め、台所が明るくなったように感じます。手ぬぐいはとても乾きが早いので、台所には特に重宝します。

カレンダーも手ぬぐいです。毎年手ぬぐいカレンダーを買って、洗面所に入り口のところにのれんのようにして使っています。これも「かまわぬ」ですが、ネットで「染の安坊」というお店でも手ぬぐいカレンダーを販売していることを発見しました。来年は買ってみようかな。

お風呂にももちろん、一枚手ぬぐいをぶら下げてあります。これは、風呂で本を読む時に手を拭くためです。

もうひとつ、ネットで「RAAK」という手ぬぐい及び小物を販売しているお店があるのですが、ここの手ぬぐいは柄がモダンでとても魅力的です。買ってみたいと思うのですが、手続きが少々面倒なのが難点です。

とりわけ「かまわぬ」の手ぬぐいは吸水性もありますし、また乾きやすいので、大変重宝で、だんだんと手ぬぐいが増えていきます。





テーマ : 雑貨
ジャンル : 趣味・実用

わ、わからん…

PHSの化石を持っています。
使っているんじゃなくて、持っているだけです。

どれくらいの化石かと言うと…


画面の大きさは3X3くらい、もちろんカラーではなく、ネットにつなぐことはおろか、写真もとれず、折りたためません。

*お時間のある方、どんな化石なのか興味のある方は
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g48768354
をご覧下さい。だいたいこんな感じです。


その化石が使えなくなるということで、携帯のパンフレットを貰ってはくるのですが、料金プランが複雑過ぎて、何が自分にいいのやらさっぱりわかりません。ナントカプランとか、オプションだとかが多すぎるのです。しかも、そのオプションが何に使えるのかわからないと来た日には、携帯を持つのはやめようかとさえ考えてしまいます。そもそもPHSだってほとんど使っていなかったわけですし…。

こんなことを去年の春あたりからずっと悩んでいます。auか、SBか、Willcomか、あるいはすっぱりやめるか。


何だか相当時間を無駄にしている気がします…。

テーマ : 携帯電話
ジャンル : 携帯電話・PHS

どっち?

そのまんま東さんが知事に当選しました。


彼はご存知の通り、警察にお世話になったことがある人です。
その人が知事になる。

これはいいことなのでしょうか。それとも悪いことなのでしょうか。


そのような過去は関係ない。要するにその人が何百万人もの人々のトップに立って、きちんと誠実に仕事をしてくれればいい、ということなのでしょうか。

それとも、とりあえず他にめぼしい候補者がいないから、有名人を選んでおいた。かつての大阪や長野、そして今の東京だってそうだし…、ということでしょうか。


できれば前者であって、そのまんま東さんが知事としての職務をきちんと果たし、今後さまざまな共同体や日本の代表者になろうと考える人々にとって、今回の当選が一筋の光明たらんことを願っています。

テーマ : 社会ニュース
ジャンル : ニュース

今週の作り置き

200701022.jpg


思った以上に忙しい週末となってしまいました。

今週の作り置き+作り置き予定です。
・七目豆(大豆、昆布、にんじん、筍、牛蒡、こんにゃく、蓮根)
・鰯の生姜煮
・蓮根のきんぴら

予定としては
・野菜スープ(ミネステローネの予定)
・ハンバーグ
・骨つき鶏もも肉のクリームソース

あたりでしょうか。


久しぶりに鰯を煮ました。少々小振りでしたが、圧力鍋で20分程炊いたので、骨まで柔らかくなっていることでしょう。玄米御飯で食べましょうか。

圧力鍋といえば、今使っているものは3リットルのステンレス製で、吉祥寺のスーパーにて1777円(!?)で購入したものです。もうかれこれ3年以上毎日ように使っていますが、まだまだ使えそうです。御飯を炊く、鰯やさんまを煮る、豆を煮る、角煮を作る、本当に大活躍です。ただ、未だ茶碗蒸しなどの蒸し物には挑戦したことがないのです。とても手軽にできるらしいですね。そんなことを考えていると、圧力が調整できるちょっといい圧力鍋が欲しいなぁと浮気心が芽生えてきてしまいました。きっと、私は使いこなせないまま終わってしまうので、単純な今の圧力鍋で十分なのでしょうけれど…。そう言いつつ、amazonの圧力鍋をいろいろチェックしてしまう自分がいます(笑)。

そうそう、またまた琺瑯を買ってしまいました(>_<)。今度は味噌作りと称して、ラウンドストッカー18cmです。もしかすると味噌作りには足りないかもしれませんが、梅干しを漬けるのにも使えそうです。あぁ、届くのが楽しみ!!

野田琺瑯 ホワイト保存容器 ラウンドストッカー 18cm WRS-18 野田琺瑯 ホワイト保存容器 ラウンドストッカー 18cm WRS-18
()
野田琺瑯

この商品の詳細を見る

不思議な相性

センター試験初日です。


─雪にならないようで、よかったね。

昨日同僚とそのように話していたのですが、いつまでたっても薄暗いのでおかしいなとネットの天気予報を確認したら、夜中に雪のマークが…。

今年は暖冬で、昨日までぽかぽか陽気だったのですが、今日は一転、東京にも雪が降りそうな気配です。

昨年もセンターの日に雪が降りました。私の受験の時にも雪が降りました(一体いつの話だ!?)。そして、今年も降るかもしれません。センター試験はヘタな天気予報よりも、とりわけ雪に関しては確度の高い情報を与えてくれるように思えます。センター試験と雪。何という不思議な相性でしょうか。


明朝雪が積もっていないことを祈るばかりです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

受験生がんばれ!

明日からセンター試験が始まります。
今頃緊張している人も多いことでしょう。とりわけ高卒生は。

昨年からリスニングが導入されて、おそらくセンター試験を実施する側も相当緊張しているのではないかなと思います。受験生のためにもトラブルがないように祈ります。


受験会場で隣に座る人が、集中度に大きな影響を与えることもありますよね。私の受験の時に、近くに座った人がとても変わった人でした。荷物からクマのぬいぐるみが顔を出しているのです。

─こういう大きい荷物は後ろに置いて下さい。
─でも、私…クマに見ていてもらわないとダメなんです…


「は?」と思いましたね、あの時は。その人が合格したかどうかは確認しなかったので知らないのですけれど、結局鞄からはみ出したクマさんは、後ろから皆の受験を見つめることになったのでした。ライナスの毛布のようなものでしょうか。


自分の失敗も数知れずあります。人が少ないなと思いつつ、会場と反対方向に向かっていたり(幸い私と同じドジな受験生がいて、一緒に急いで会場に向かいました)、試験中に睡魔に負けてしまったり、書類不備で大学から電話がかかってきたり、そうそう、高校受験では女子高だったのにもかかわらず、面接で「男女ともに…」と言ってみたり…。その高校の合格発表で、親が私の番号を見落としてきた、なんていうこともありました。親切にもその高校が書類を取りに来て下さいと電話を下さって、発覚したわけです。

そんなことも今はすべてよき思い出です。


受験生の皆さん、落ち着いて(多分、これが一番大事ですね)試験に臨んで下さい。納得のいく結果が出るよう、心から祈っています。



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

食の安全

大手菓子メーカーFujiyaが原料の杜撰な管理、及び10年以上も前の食中毒を公表していなかった(保健所には届けて出ていた)ということで、現在大きな問題になっています。様々なニュースを見たり聞いたりすると、人の生命に関わりかねないことなのだから、許し難いといった論調が目立ちます。

確かに食品メーカーとして細心の注意を払うのは当然のことと思いますが、今回の事件に対してはいつものメディア批判になってしまうのですが、いくつかの疑問もあるのです。

まず、この事件の前に、ミスタードーナツの製品に異物が混入していたという事件がありました。これはどうなってしまったのでしょうか。ミスドは数年前にも飲茶セットか何かで事件を起こしているはずなのですが、マスコミはそちらはそっちのけでFujiyaのことばかり報道しています。個人的にはミスドはある意味で「再犯」なわけですから、その責任は尚一層重いのではないかと思うのです。

次に、食の安全ということであれば、ノロウイルスもあって最近激増した食中毒も、収束に向かいつつあるといえどもまだまだ予断を許しません。確か先日も東京の寿司屋で集団食中毒がありました。また、米国産牛肉の安全管理にはもう絶対的な信頼をおいてもいいのでしょうか。Fujiyaよりももっと生命に関わるように思うのですが、こちらはもう不問に処す(米国からの圧力?)ということなのでしょうか。


─米国の場合もそうだけれど、ミスドも圧力をかけているのかな…。

という私の疑問に友人は答えました。

─マスコミは何も考えていないんじゃない。

その通りだと思いました。とりあえず目の前にぶら下がっているネタに飛びつく。叩けるものを叩けるだけ叩く。これが今のマスコミの姿勢なのだと思います。過去のことも、未来のことも考えない。考えられるだけの力がない。見えているのは今だけ。刹那的。

「食の安全」は消費者が自ら守るよう努力すべきもののようです。それは、消費期限切れの原材料が使われているかどうかよりも、このような報道によって、各食品メーカーが強迫観念的にますます強力な保存料や漂白剤を使うようになる可能性があるので、我々は多少面倒であっても、原材料の表示をみなければということなのです。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

琺瑯の使い方

野田琺瑯 ホワイト保存容器 スクウェアM WS-M 野田琺瑯 ホワイト保存容器 スクウェアM WS-M
()
野田琺瑯

この商品の詳細を見る


いつも琺瑯のことばかりですが、どのように使えて、どのように使えないかについてのご質問をいただきましたので、そういえば、「琺瑯はいいわ~」ばかりで説明をしていなかったことに気付き、今回はそのいいところと、悪いところを説明しようと思います。


このホワイトシリーズはルクルーゼでおなじみの琺瑯(金属の素地にガラスのコーティング)でできています。だからこその長所もあれば、短所もあるわけです。

まず短所は、
 プラスチックの保存容器よりも重い
 値段が高い
 落とせばガラスの表面が割れることもある
 電子レンジが使えない

といったところでしょうか。割れるというのは、硬質のプラスチックも落とせば割れることがありますし、また経年による劣化があるわけですから、実はさほど問題はないように思います。価格に関してですが、琺瑯の蓋にすると結構なお値段になります(私は琺瑯の蓋は持っていません)。しかし、プラスチック製保存容器が使い捨てに近いと考えると、むしろ得ではないかと思います。


では、長所をあげてみます。
 匂いや色がつかず清潔
 酸に強い
 直火にかけられる
 オーヴンで焼くこともできる
 四角いので、収納空間に無駄が出にくい
 水性ペンで何を入れておいたか書いておくことができる
 劣化しない
 環境ホルモン、ダイオキシン等の発生がない

プラスチック容器に切った果物を入れたり、カレーやトマトソースを入れると、その色や匂いがついてしまいますが、琺瑯はつるりときれいに落ちます、匂いも全く残りません。油もすっきり落ちるのです。そして、私が何よりも気に入っているのが、直火にかけられること。今まで夜のお味噌汁が余ると、そのまま放置しておいて、ダメにしてしまうこともあったのですが、すぐにこれにうつして冷蔵庫に入れれば収納もコンパクトにできますし、次の日に直接火にかけられますので便利です(蓋がプラスチックの場合は蓋をとって火にかけます。ちなみに蓋だけ買うこともできます♪)。もちろん、冷凍もOKです。どうも、この琺瑯でパンやパウンドケーキ、さらにはグラタンまで焼く方もかなりいらっしゃるようです。この白はとても美しいので、そのまま食卓にも出せますから、グラタン作りはとてもいいと思います。また、酸にも強いので、ここでピクルスや酢の物も安心して作ることができます。またプラスチック容器よりも少し長い間、しかも美味しさを保ったままで保存ができるとおっしゃる方もいます。

私自身、少々油っぽいシチューなどをプラスチック容器に入れておいて、レンジで温めたら容器が高温の油で少々変形し、折角作ったとはいえ、そのような食べ物を口に入れることはできないと捨ててしまった経験が何度かあります。以前も書きましたが、全て化学物質を排除する生活は今の時代にあってはほとんど不可能でしょう。しかし、少々気をつけることによって、身体に悪影響をあたえかねない化学物質の吸収や摂取を相当おさえることができるのではないかと思っています。それが、この琺瑯との出会いです。

琺瑯生活は、石けん生活とともに、私の人生のパートナーなのです。



テーマ : キッチングッズ
ジャンル : 結婚・家庭生活

蟹焼売

200701155.jpg


気付いたらこんなになくなっていました…。蟹焼売。
例のオークションの蟹足をたっぷり入れました^^。全部で16個作って、蟹足を8本も使いましたもの♪たっぷりですよね。

豚ひき肉150g程度、蟹足、塩小さじ半分、胡椒適宜、片栗粉小さじ半分強、醤油適宜、玉葱1/6程度、砂糖少々、焼売の皮。


琺瑯はここでも活躍です。15個は楽に入りました。1個は胃の中に入りました^^;。
今度はこれより一回り大きいものを買って、餃子の冷凍に使おうかなと思っています。
家からどんどんプラスチック製の保存容器が消えていきます。
それから、味噌作りのためのラウンドストッカーも中くらいの大きさのものを買おうかな。
相変わらず、琺瑯にべた惚れの私です。

琺瑯仲間募集中です!!




テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

カエルちゃん、死なないで!

唐突ですが、ケロケロケロッピをご存知でしょうか。
実は私、ケロケロケロッピと誕生日が同じなのです。

それはさておき(というか話の枕のつもりだったのですが…)

今カエルが絶滅の危機に瀕しています。
えっと思われる方も多いと思いますが、強い毒性をもつカビのせいでカエルが危機にさらされているのです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070112-00000044-mai-soci


そして今日、宮崎の養鶏場で発生した鳥インフルエンザでは、高病原性鳥インフルエンザウイルスというかなり感染力の強いウイルスが検出されています。

厚生労働省は、人にも感染する鳥インフルエンザが流行した場合に備えて、2週間の食料確保をするように求めるガイドラインを今月発表しようとしているのをご存知だったでしょうか。

http://www.gamenews.ne.jp/archives/2006/12/2_25.html



確かに先日以来続けて起きている殺人事件はセンセーショナルです。しかし、今の報道は単なる「詮索」になっているだけのような気がします。それよりも、上記のような大事なことを大々的に国民に伝えなければいけないのではないでしょうか。もともとマスコミに対する不信感があるのですが、故意ではないかと思われる程に触れられていない話題があると、裏に何かあるのだろうかと勘ぐりたくなってしまいます。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

味噌漬け

200612112.jpg


昨年、黒豆でも味噌を作ってみました。黒豆は身体によさそうだしと期待が膨らんだのですが、普通の大豆で作った味噌の方が香りがよく、出来上がりにはそれ程感動がありませんでした。ついつい、お味噌汁にも大豆味噌の方が使ってしまい、黒豆味噌がなかなか減らなかったのですが、ふと思いついたのが、味噌漬けでした!

黒豆味噌をみりんで伸ばして、豚肉を漬け込んだら何とも美味しいのです。お弁当にもぴったりでした。さらに、そののち、鶏のスペアリブを漬け込んでおいたら、これがビールに合うんです!!

今年は黒豆味噌は作らなくてもいいかと思っていたのですが、この味噌漬けのためにも作っちゃおうかと思案中です^^。

テーマ : お弁当
ジャンル : グルメ

ボジョレ2

200701029.jpg


年末に、従姉妹から貰ったボジョレを飲みました。

ビショーを飲んだ時も思ったのですが、最近ボジョレの若年寄化が進んでいるのではないでしょうか。以前ボジョレと言えば、もっと若々しく、鮮烈で、どちらかと言うと「青臭い」程だったように記憶しているのですが、最近のボジョレときたら、優等生なんですよね。どれを飲んでもそこそこ美味しいワインを飲んでいる気分が味わえるのです。そうですね、『ののちゃん』に出て来るキムラ君って感じ(わかりにくいですよね…)です。

しかもボジョレ祭りが定着してしまって、値段も軒並み2000円以上になり、選ぶのに迷う程色々な種類のものが出回るようになりました。しかし、様々な多様化の裏に画一化があるように、ボジョレの味もラベルの数だけ個性があるとは思えなくなりました。しかも、毎年のように「ここ○○年で最高の出来」といった宣伝を聞くに、ますます疑いが深まるわけです。

そろそろ「ボジョレ」の刷り込みから脱する時がきたのかなと感じます。

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

そして…キツネが登場した!

昨日、他のブログサイトで、そのサイトの投稿フォームとMacのブラウザであるsafariの相性が悪く、うまく投稿出来なくなったという話を書きました。

その後、そのサイトの方々からアドバイスをいただき、いくつかの不具合が改善されましたが、それでもなお、新しい投稿フォームが使用できない状態が続きました。その中で、根本的な解決につながりそうなアドバイスを頂いていたので、早速それを試すことにしました。

つまり、ブラウザ自体を換えるという方法です。safariは不具合の多いブラウザで、これまでupdateするたびに、一部の機能が麻痺するということが起きていました。そのsafariを捨てて、Firefoxなるブラウザを使用したらどうであろうかと教えて頂いたのです。

多少不具合があるとはいえ、使い慣れたものをきっぱり捨てるというのはなかなか難しいことですが、ものは試しと、ダウンロードしてみました。

そうしたら…

safariのデータも自動的にインポートしてくれ、いきなり現れた画面は、これまで馴染んだ画面と変わらないではないですか。初めてなのに、使いやすいのです。様々なユーザーに合うようにカスタマイズ出来るソフトなのだそうです。そう、safariとExplorerのいいところを合体させて、さらにいい所が増えたようなソフトです。

早速、件のブログサイトの新しい投稿フォームで記事を書いた所、きちんと投稿できました!嬉しいっ^^。

人間、不具合が起こるまで新しいものにはあまり手を出さないものなのですね。とりわけ年をとると、新しいものを面倒に思ってしまうのでしょうか。反省です。


キツネ君は燃えています!

いろいろと教えて下さった方々に感謝しています。ありがとうございました。


テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

Macは、safariはダメですか?

200701021.jpg


読書ブログのサイトの投稿フォームが変わってしまったら、どうもMacには対応できていないらしく、きちんと投稿できずイライラしています。safariがうまく機能しないことも多いわけですが、例えば、Yahooの動画も、あるいは一部のサイトの音楽の試聴も、MacのOSに対応していないので、見たり聴いたりできません。確かに世の中はWinが中心だとは思いますが、そんなにMac Userは少ないものなのでしょうか?そんなにMacは、そしてsafariはダメですか?


少数のものがじわりじわりと真綿で首を絞められるかのごとく、排除されていく…そんな気分でとても悲しくなりました。「今」効率よく利益をあげるために、出来る限り多数者に合わせる。確かに企業としては正しいことなのでしょうけれど、表面的な多様化の裏には、完全な画一化があるのだなぁと思い知らされました。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

おせち

2007010215.jpg


今年はあまりおせちを作りませんでした。でも、やはり螺鈿のこの九節板を出さないとお正月という気分が盛り上がりませんので、最低限のおせちにしました。本当はこの容れ物はお正月に使用するものではないのですが、我が家では重箱ではなく、これにおせちを詰めているのです。この九節板には実はいろいろな思い出も詰まっているのです。

それはともかく、例年と違う点はいつも残ってしまう伊達巻きをやめて、少々甘めの卵焼きにしたこと、そして、同じく誰も箸をつけようともしない栗きんとんをやめて、渋皮煮にしたことです。よく考えるとこの栗の渋皮煮が一番時間がかかった一品です。まる3日かかりました(笑)。

そして、こちらが大人気の野菜の煮物と八頭です。

2007010211.jpg

2007010214.jpg


おそらく、個人的にはこの八頭が一番おせちの中で好きです。一年中手に入ればいいのに…と思います。八頭の煮物は、母が父方の祖父に唯一褒められたおせち料理なのだそうです。八頭好きは祖父からの遺伝でしょうか!?

2007010213.jpg


そして、なますも大好きです。昔は酸っぱいものがあまり好きではなかったのですが、梅サワーを作るようになってからは、酢の物は大好物になりました。

最後に
2007010210.jpg


我が家のお雑煮は、鶏で出汁をとり、四角い餅を焼いて入れ、小松菜などを飾る関東風です。

皆さんのお宅はどのようなおせちだったのでしょうか。

テーマ : おせち料理
ジャンル : グルメ

蟹グラタン

200701028.jpg



先日オークションで蟹足のむき身を1kgも落札したと書きました。
その後その蟹足を日々美味しく食べています^^。

なかなか蟹焼売を作ろうと思っているのですが、仕事始めが少々早かったもので、なかなか時間がとれません。そこで、ホワイトソースを作っておけばすぐ出来る蟹グラタンを作ってみました。どうしても、ソースを二色にしたかったので、冷凍庫を引っ掻き回してデミグラスソースのシチューのようなものを発見したので、解凍しておいたところ、何と、それはひき肉カレーでした。

そんなことじゃ挫けない!ひき肉カレーとホワイトソースの蟹グラタンにしてみました。

下にカレー、次にマカロニ、そしてホワイトソースをかけて、蟹、なばな、舞茸を並べ、チーズをのせて焼いてみました。

う~、美味♪

ホワイトソースと蟹絶妙なハーモニーがたまりません!
相当たっぷり作ったはずなのですが、食べ足りませんでした(笑)。
もう一回作ろうかなー!?

ホワイトソース:バターを溶かし、ほぼ同量の小麦粉を入れ、粉っぽくなくなるまで混ぜたら、少しずつ牛乳を入れ、のばしていく。最後に塩とホワイトペッパーで味をととのえれば出来上がり。
大さじ1のバターと大さじ1の小麦粉で1人前のホワイトソースが出来ると覚えておくと便利です。

テーマ : 我が家の晩御飯
ジャンル : グルメ

ほうろう生活

200701024.jpg


皆様、あけましておめでとうございます!!
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、タイトルは放浪じゃなくて、琺瑯なんです。本当にハマりました。参りました。
プラスチック製の保存容器を大分捨てました。炊いた御飯を入れておく容器は、温めに電子レンジを使わざるを得ないので、プラスチック製のものをいくつかとっておきました。それから、先日買ったばかりのものもいくつかとっておきましたが、それ以外はほとんど廃棄して、今は真っ白い琺瑯が並んでいます。

あぁ、幸せ(*^_^*)。

先日は鮭の頭を鍋にして、その残りを琺瑯に入れておいて、翌日はそのまま温めました。すすもつかず、ぴかぴかのままです。それから、水性のペンで中身を書いておくことも可能なんです。匂いも全くつきません。何て優れものなのでしょう!!

200701023.jpg


どの大きさも便利で、次に何を買おうか思案中です。

200701025.jpg


こんな風に、数の子の塩抜きにも使いました。この浅型のものは、グラタンを焼くのにぴったりなんだそうです!たっぷり1人前のグラタンが出来そうです。

200701026.jpg


もちろん、野菜のストックにもいいですし、それから、ちょうど半分余ったトマトの缶詰をトマトソースにして、こんな風にしてみました。

200701027.jpg


忙しい時にパスタを茹でて、その横でパスタソースを温めれば、すぐ食べられますね!夢がふくらみます。ちなみに、この大きさ、ぱっと見た時は小さいかなと思ったのですが、350ccも入るんです。冷凍ももちろんOKです♪


今年の私の目標は「琺瑯生活」です!!
皆さんも、一緒に琺瑯生活しませんか!?

テーマ : ひとりごと
ジャンル : グルメ

プロフィール

ばぶを

Author:ばぶを
No NUKES!!!
未来の世代のために、
美しい地球を残したい。
世界に平和を!

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
12 ≪│2007/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
オセロゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。